2016年04月06日

「レット・イット・ゴー ~ あどいー ~ 庄内弁訳」の解説という名の言い訳

というわけでこちらで「アナと雪の女王」の主題歌「 Let It Go 」英語バージョンを庄内弁に訳してみました。
その解説と言い訳です。

ちなみに、松たか子さんバージョン「ありのままで」の
動画はこちら(ニコニコ動画/制作:きのえPさん)
庄内弁訳の話はこちら
です。


英語バージョンから庄内弁訳をしてみようと思ったのは、
そもそも「 Let it go 」ってどういう意味なんだろう?と調べたことがきっかけでした。

ネット辞典で調べてみても

・何もしないでおく
・そのままにしておく
・解放する
・諦める

なんかピンとこない。

そこで、「Letitgo 意味」で検索してみると、
まさにこの歌について解説した記事がたくさん出てきました。
「もういいよ」と訳しているところがいくつかあって、

ふむふむ、庄内弁にすると「あどい」だなぁ。

レリゴー
あどいー

ほうほう、いい感じに収まるじゃないですか。

そして「あどい」とはどんな場面で使うのか。

「もういいや、もう無理」という諦めや、投げやりな感じ → 諦める
「もういいよ、十分頑張ったよ」という自分への赦し → 解放する

これで納得!
エルサの心情にまさにピッタリじゃないですか!

なんだか楽しくなったので、調子に乗って訳を作ってみたのでした。


英語ワカラナイなので、機械翻訳を駆使して、日本語訳の記事(後述します)にお知恵を借りながらの作業でした。
なるべく自分の頭で解釈することを心掛けたので、訳としては間違ってるところもあるかもしれません。
オリジナルのニュアンスも変えないように頑張りました。成功してるといいんですけど。

歌うことを前提にしたので、訳としても庄内弁としても切り詰めてるところはあります。
そいでも無理やり詰め込んだりしてるので、文字だけで歌おうとするとキツいところもあると思います。

そんな酔狂な人はいないと思いますが、いてくださるとそりゃあ嬉しいです。


いつも庄内弁訳をしていて思うのは、言葉だけ書くと標準語では別の意味に取られるものが多くあるな、ということです。

例えば
「と たでろ」
(と=戸=扉)(たてる=閉める)

標準語だと「〜しろ」っていう命令形に聞こえますが、
この場合は「閉めよう」という意志の意味です。
庄内弁で命令形にするなら「たでれ」になります。


過去形に聞こえそうな
「わがった(わがた)」「うずまいっだ」
も、
「知っている」「渦巻いている」
という存続の意味です。

とはいえ、過去形で「わがった」と言ったりもします。
そういうのはイントネーションで使い分けるので、単語だけで判断するのは難しいですね。

過去の話だとはっきりさせるためには
「わがったっけ」
「渦巻いっだっけ」
という具合に「っけ」を付けます。
「〜でしたよ」みたいな感じですかね。

それと
「入れんな」「見しぇんな」
ですけど、ここでは否定の意味で使っていますが、
これも場面によっては
「入れるんだよ」「見せるんだよ」
になるんです。まるで逆です。
とてもややこしいですね。でも庄内人はイントネーションで聞き分けます。


標準語にもある単語で、いろんな意味を持つ便利な言葉もあります。

「だまってる」はもちろん「黙っている」という意味もありますが
「何もしないでいる」「じっとしている」という意味もあります。

これを「Conceal, don’t feel,」に当てはめました。
「秘密にして」=「黙ってて」
「感じるな」=「何もするな(感じることさえも)」

ほらほら! 二つの言葉が一つにまとまりましたよ! すごい!
この発見は、かなり自慢したいところです、えっへん!


次のフレーズ、「don’t let them know」にあてた「おしぇる」もそうです。
「教える」のほかに、「知らせる」「話す」という意味もあります。
祖母によく「かちゃん(お嫁さん)さは、おしぇんなよ」と言われたもんです。


さらに次「Well, now they know」→「あど みな わがた」
さっきも出てきました「わがった」。
これも「了解した」「理解した」のほかに、「知る」という意味でも使います。


もう一つ「なにさいっが 試してみっで」
の「みっで」も、実は二つの意味で使っています。
試して「みたい」と
試して「みるよ」

話し言葉だと発音で使い分けるんだけど、歌なのでどっちにも取れます。



なんだか国語の勉強みたいな話になっちゃいましたが、いかがでしたか?
方言の面白さが伝わりましたでしょうか。
解説らしい解説ができたので私は満足です。


ちなみに「あどい」は、「もうこれでいい!」 → 「でーきた!」という意味でも使います。

よし! あどい!
これでアップします!!

(他にもいろんな意味で使うよ! でも「もういいよ」もそうだよね! だから説明さねっても、あどいーよの?)


庄内弁訳にあたり、参考にしたサイトはこちらです。


そしていつもの
posted by 吉椿 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作話 | 更新情報をチェックする

レット・イット・ゴー ~ あどいー ~ 庄内弁訳

アナと雪の女王の主題歌、Let It Go を庄内弁にしてみました。
英語歌詞からの庄内弁訳です。
歌う前提で作っているので、直訳ではありませんが、原文に沿ってはいるつもりです。

詳しい言い訳と解説は別記します。
「レット・イット・ゴー 〜 あどいー 〜 庄内弁訳」の解説という名の言い訳


1段目:オリジナル(英語)
2段目:庄内弁訳
3段目:庄内弁の標準語訳

Let it go
あどいー


The snow glows white on the mountain tonight
やま しれぐ そめる よだ ゆぎ
山を 白く 染める ような 雪

Not a footprint to be seen.
あしあども みえね
足跡も 見えない

A kingdom of isolation,
とざさっだ くに そんなの
閉ざされた 国 その

and it looks like I'm the Queen
じょおうは おい だんや
女王は 私 なのよね

The wind is howling like this swirling storm inside
かんじぇ こごろん ながの ふぶぎ みで うなった
風が 心の 中の 吹雪 みたいに うなってる

Couldn't keep it in;
おさえで らいねっけ
抑えて いられなかった

Heaven knows I tried
がんばった ども
頑張ったんだ けどね

Don't let them in, don't let them see
だも いれんな みしぇんな
誰も 入れるな 見せるな

Be the good girl you always have to be
いいこで いねば ねあんぞ
いい子で いなきゃ いけないよ

Conceal, don't feel, don't let them know
だまってれ おしぇんな
内緒にしていなさい 言わずにいなさい

Well, now they know
あど みな わがた
もう 皆 知ってる

Let it go, let it go
あどい あどい
もういいよ もういいよ

Can't hold it back anymore
かぐしてな おがいね
隠してなんか おけない

Let it go, let it go
あどい あどい
もういいよ もういいよ

Turn away and slam the door
あっちゃ むいで と たでろ
あっち 向いて 扉 閉めよう

I don't care What they're going to say
きに さね なに そわいでも
気に しない 何を 言われても

Let the storm rage on,
じふぶぎ ふげ
地吹雪よ 吹け

The cold never bothered me anyway
どうせ さぶぐな ねなだ
どうせ 寒くなんか ないのよ


It's funny how some distance
もしぇもんだ こっからだど
面白いものね ここからだと

Makes everything seem small
みな ちっちぇぐ みえる
全部 小さく 見える

And the fears that once controlled me
おかねがってだなも
怖がっていたものも

Can't get to me at all
あど つでな こらいね
もう ついては 来られない

It's time to see what I can do
なに さいっが ためして みっで
何が できるか 試して みたい

To test the limits and break through
げんかい なの ぶっちゃぶって
限界 なんて 打ち破って

No right, no wrong, no rules for me
いも わりも おいさは ね
良いも 悪いも 私には ない

I'm free
じゆうだ
自由よ

Let it go, let it go
あどい あどい
もういいの もういいの

I am one with the wind and sky
そらさ かぜさ とげで
空に 風に 溶けて

Let it go, let it go
あどい あどい
もういいの もういいの

You'll never see me cry
おいは あど ながね
私は もう 泣かない

Here I stand
こさ たって
ここに 立って

And here I'll stay
こごさ いでる
ここに いる(留まる)

Let the storm rage on,
じふぶぎ ふげ
地吹雪よ 吹け


My power flurries through the air into the ground
おいの ちから そらも じめんも よさぶる
私の 力は 空も 大地も 揺さぶる

My soul is spiraling in frozen fractals all around
おいの たまし そごらうぢ けっしょの なが うずまいっだ
私の 魂は そこらじゅうで 結晶の 中を 渦巻いてる

And one thought crystallizes like an icy blast
おもいは こおり ふいだ みで かだちさ なってぐ
想いは 氷を 吹きつけた みたいに 形に なっていく

I'm never going back,
おいは あど もどらね
私は もう 戻らない

the past is in the past
みな すぎだ ごどだ
全部 過ぎ去った ことだわ

Let it go, let it go
あどい あどい
もういいよ もういいよ

And I'll rise like the break of dawn
よあげさ のぼる あさひ みでに
夜明けに 昇る 朝日 のように

Let it go, let it go
あどい あどい
もういいよ もういいよ

That perfect girl is gone
けげし おばこな あど いね
賢い 娘なんか もう いない

Here I stand
こさ たって
ここに 立って

In the light of day
てんとはんの したで
太陽の 下で

Let the storm rage on,
じふぶぎ ふげ
地吹雪よ 吹け

The cold never bothered me anyway
どうせ さぶぐな ねなだ
どうせ 寒くなんか ないのよ
posted by 吉椿 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

あどいー(Let It Go ~ありのままで~ 庄内弁ver.)の庄内弁訳をお手伝いした話

きのえPさんによる、「あどいー(Let It Go ~ありのままで~ 庄内弁ver.)」の庄内弁訳をお手伝いさせていただきました~。



この頃は、次は誰が歌ってくれるのかな?と楽しみになってきましたね!
ていうかLOCALOIDってタグがあるのを今初めて知りました。


さて、今回の翻訳で苦労したのは……

私の語彙力のなさですね。
変えられるところがあまりありませんでした……
なんか普通になっちゃった気が。
バリバリの庄内弁使いだったらもっと面白くなってたのかもしれませんけど、ホント、力及ばずです。


今回に限らずですが、ピッタリはまる庄内(もしくは東北)独自の言葉っていうのはなかなかないんですよね。
ちょっとニュアンスを変えればなんとか、と思うことはあるんですが、
勝手に変えちゃっていいのかどうか悩みます。

その点、恋するからからせんべいは割とうまくできてた気もするんですが。

次の機会をまたいただけるなら、その辺りもうちょっと考えてみようかなと思います。


って、全然 Let It Go の話になってないですね。


「あどいー」ってのは、標準語にすると「もういいよ」。
Let it go の訳です。

曲に合わせて「あどいー あどいー」って歌ってたら妙にはまったので、
戯れに英語バージョン → 庄内弁訳も書いてみました。
一応きのえさんにもお送りしてみたんですけど、
今回は松たか子さんバージョンで、とのことだったので、
歌はありませんが、歌詞だけ別で載っけておきます。
レット・イット・ゴー 〜 あどいー 〜 庄内弁訳


庄内弁訳にあたり、いつも通りこちらのサイトを参考にしました。
毎度お世話になっております!
私の庄内物語
posted by 吉椿 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作話 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。